6/4おおやけこども園の自然観察会@京都御苑

まだ6月上旬だというのに梅雨明けのような日差しの中、次々と子どもたちが集まってきた。2クラス50名ほどの園児さん。みんな花や虫の写真が載った立派な「観察図鑑」をぶら下げている。
P1110127_s.jpg
初めに板倉先生から危険なオオスズメバチが来た時はどうする?というお話を聞いた後、いよいよ御苑探検に出発。
まずはシロツメクサの咲いている場所で四葉のクローバー探し。みんなしゃがみこんで一心に探す。P1110135_s.jpg「はい、これはネズミさんが食べた松ぼっくり。みんな探してや〜」と板倉先生。「あったー!」「これはー?」「それはリスさんやなー」。目線低いので、かわいい小さな花や虫鳥の羽なども次々見つけて教えてくれる。熱心に図鑑で調べる子も。板倉先生からは、マツの葉の痛いのと痛くないの、さくらんぼクワの実羽化したカブトムシカキの赤ちゃんなどなど、いろんなことを教えてもらった。
P1110143_s.jpg
 暑い中、みんながんばって歩いた。たくさんの生きものたちとお友だちになれたかな?あっという間の楽しい観察会だった。

     (森林インストラクター 自然観察指導員   岡 かおる)
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

1/26エコすごろくワークショップ@大宮保育園

大宮保育園では2回目のエコすごろくワークショップですが、前回からはだいぶん間があきました。保育園の先生方13名に保護者の方2名、子ども1名が参加してくださいました。
写真1_s.jpg

まずは講師の大関はるかさんによる地球温暖化のお話を聞いて、今エコが大切なことをみんなで共有しました。
写真2_s.jpg

その後、4つのグループに分かれて、グループごとに「エコすごろく」を作っていきます。エコなこと、そうでないことを一人ひとりが考えて、グループのみんなで絞り込んでいきます。最初はなかなかエンジンがかかりませんでしたが、模造紙に書き始めるとグングン勢いがついて、アイデアが溢れ出して、可愛いイラストまでつけて、かなり完成度の高い「エコすごろく」ができました。時間が1時間30分ということで、すべて完成とまではいきませんでしたが、後日4枚の「エコすごろく」を2枚にまとめて、大宮保育園作の「エコすごろく」を作ります。出来上がりが楽しみです。
写真3_s.jpg

すごろく」という形で、日常生活の中で自分たちにできるエコを、あらためて考える機会になりました。


                                山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

11/12環境腹話術@安朱保育園

安朱保育園で、おひさま発電所第23号機プロジェクトが始まり、園児さんハタさん腹話術環境の事をお勉強してもらいました

園長先生地球についてのお話IMG_4037_s.jpg

ハタさんペンちゃんと登場。地球がお熱で苦しんでいます!! 
IMG_4050_s.jpg
ドラゴンが登場。街がCO2 で大変な事になってます!!P_20181112_101709_s.jpg

P_20181112_102806_s.jpg
エコレンジャーシンちゃんが登場して歯磨き時のお水の使い方などCO2減らして地球にやさしくする方法をお勉強しました❤
★見慣れない道具が並んだお部屋に入るとワクワク
ハタさんの登場で 園児さんのテンションも上がりました。でも楽しいだけでは無いのです。
ペンちゃんドラゴンシンちゃんを通して地球の現状、お熱の原因、そして地球を大切にする事を学び大人の私も充分引きこまれました。今日お勉強した園児さんエコレンジャーになって地球にやさしくすることをお家の方にも伝えて実践してくれることでしょう。


                                 森
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

11/7環境腹話術@つくし保育園

恒例の腹話術つくし保育園でありました。

今回は、カエルのケロちゃんが、来てくれました。
ケロちゃんによると土の中で、地球の声が聞こえているようです。
地球の歌が聞こえて来るよ〜!あつい!あつい!あつい!あつい!
ケロケロケロケロ、クワッカッカ〜!」

やっぱり、地球温暖化地球お熱を出しているようです。
温暖化のしくみをケロちゃんが体を張って経験してくれてます。
そうだったかのか〜と大人も納得…。
P1100808_s.jpg

シンちゃんは、どうしたら地球を救えるか、みんなで考えます。
エコバックを持って買い物を行くのも、地球にやさしいんですね。
レジ袋は、いりません!」って言えるかな?
P1100812_s.jpg

この日は、国際ソロプチミスト京都―わかばさんの「わかば環境教室」として
おこなわれました。
P1100819_s.jpg

                         深川
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

10/31大宮保育園の自然観察会@京都府立植物園

今回は板倉豊先生が、京都府立植物園大宮保育園ドングリ観察会を行いました。
賀茂川の方から元気に歩いてきた子どもたちと一緒に、植物生き物について観察です!

植物園に到着し、すぐにたくさんのどんぐり松ぼっくりを発見!ビニール袋を片手にみんな拾うのに一生懸命です!特にマテバシイどんぐりは先生曰く他のどんぐりより美味しいとのことなので必死!きれいなをしたどんぐりや大きいどんぐりなど、みんな見つけてきてくれました。
写真1_s.jpg

道なりにどんどん進んでいくと、カワセミを発見!この写真は当日参加された加藤造園の方が撮影して下さいました。さすが望遠レンズです!オスのカワセミが写真にばっちり!くちばしの下が赤いとメスで、この写真のように上下まっくろくちばしはオスです。
写真2_s.jpg

そろそろおなかもすいたな〜と言いながら着いた広場にはなんと!ねこバスが!!
たくさんのお花で彩られたねこバスにみんな大興奮!ちゃんと運転席にはハンドルもあり、交代で楽しんでいました。
写真3_s.jpg

この後はみんなでごはんを食べて、お次は植物園内にある温室で様々な植物の観察をしました。日本では見られない植物や、中にはもいたりしてみんな身を乗り出して観察していました。
世界一大きい竹であるゾウタケを見た女の子は、「かぐや姫が入ってる大きさだ!」と言っていました。たしかに…!子どもたち発想にはいつも驚かされます。
写真4_s.jpg

温室を出た後はみんなで記念撮影!きれいに咲いているコスモスの前でチーズ!このときの写真はカレンダーにもなるらしいです!みんないい子に撮れました!

                  (京都精華大学人文学部4回生 古林)
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

10/17つくし保育園の自然観察会@つくし保育園

今回は板倉豊先生が、伏見区にあるつくし保育園自然観察会を行いました。
元気に外へ出てきた子どもたちと一緒に、秋のネイチャーゲームに挑戦です!

カモフラージュ
最初のゲームはカモフラージュというゲームで、自然の中にいくつか人工物を隠し、それを何個見つけられるかというゲームです。人工物といっても柿や枝の形をした物もあるので、なかなか難しかったのではないでしょうか?みんなで協力しながら考えて、答え合わせもみんなでします!
写真1_s.jpg
サウンドスケープ
お次はサウンドスケープ聴診器で人間の心臓音木や土の音を聞きました。その後サウンドスケープで、を手で大きくして周りの音を聴くゲームです!子どもたち川の音鳥の鳴き声工事の音といったたくさんのを聴きとり、みんなで共有しました。

こうもりと蛾
その次にはこうもりと蛾こうもり役が目隠しをして声や足音を頼りに蛾の役を捕まえるゲームです。残りの子たちは手をつないでこうもり役の子と蛾役の子を囲むとなってもらいます。
バットバットバット!(こうもりの意)」「モスモスモス!(蛾の意)」「かべ〜!(壁の意)」
みんなこのゲームが一番楽しかったようで、こうもり役蛾役になりたがる子が後を絶たなかったです!
写真2_s.jpg
森の芸術家
最後は、森の芸術家というゲーム。自然に落ちているお花落ち葉等をフレームに貼り、芸術作品をつくりました。
同じ種類のをいろんな角度で貼る子や、きれいなを集めてきてカラフルに貼る子、かわいいお花を貼る子など、みんなの個性がひかるゲームになりました。
自分で作った作品はとても気に入るものになり、「家に帰ってかざる!」という声をたくさん聞くことが出来ました。
写真3_s.jpg
そして最後に!
きょうとグリーンファンドからつくし保育園おひさま発電所になってくれて10年感謝状の贈呈がありました。私も保育園に着いてすぐかわいい発電表示盤を見つけました!この日は雲が多い天気だったので、あまり電気はつくられていなかったかな?
これからも、おひさま発電していくところを見守ってね!

                   (京都精華大学人文学部4回生 古林)
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

10/16環境腹話術@陵ケ岡こども園

今回は、が建て替わって、新しいホールでの初めての環境腹話術です。建物は新しくなりましたが、元の「おひさま発電所」はそのまま屋根に載せられました。子どもたちが馴染んでいる表示盤も元のままです。
P1100697_s.jpg
環境腹話術が始まる前に、9月、10月生まれの子どもたちのお誕生会が開かれました。得意げだったり、恥ずかし気だったり、でもみんなにお祝いしてもらって、とても嬉しそう
P1100702_s.jpg
みんなで声をそろえて「ハタさ〜ん」と畠山さんを呼び出して、環境腹話術が始まります。ハタさんと一緒におさるのアイアイくんの登場です。アイアイくんは、いつも子どもたちに大人気です。
P1100706_s.jpg
シンちゃんは、「スーパーのレジ袋ごみになるのでマイバッグを持って行こう」と言っています。ごみは燃やすとCO2が出て地球温暖化を進めてしまうのです。
そんな地球温暖化の仕組みをアイアイくんと一緒に、ハタさんに教えてもらいました。
P1100713_s.jpg

                                山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

8/23環境腹話術@向島保育園

向島保育園では昨年に続いての畠山さん環境腹話術です。年長さん子どもたちは、よく覚えていて、「ぼく、これ知ってる〜」と、ワクワクして待っていました。
いつものように、みんなで声をそろえて「ハタさ〜ん」と畠山さんを呼び出します。
ハタさんと一緒におさるのアイアイくんが登場します。アイアイくんが、登場しただけで、大うけで、アイアイくんのひと言ひと言にも大喜びです。
P1100644_s.jpg
地球温暖化仕組みアイアイくんと一緒に、ハタさんに教えてもらいました。

向島保育園では「エコせんげん」をしていて、子どもたちは常々からエコを心掛けています。
P1100650_s.jpg
だから、今日のハタさんのお話もよくわかったようです。
特に向島保育園には「おひさま発電所」があって、CO2を出さない電気を作っています。「おひさま発電所」の表示盤も、子どもたちにはお馴染みで、いっぱい電気を作ってくれているのを毎日、見ています。
P1100652_s.jpg


                                山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

6/29 環境腹話術@おおやけこども園

おおやけこども園環境腹話術が行われました。

この日は、年中・年少組さん約100名と未就園児の親子も4組参加してくださり、腹話術を楽しんでくれました。
P1100615_s.jpg
環境腹話術は、腹話術人形劇を楽しむだけでなく、暑くなった地球を救うため、自分たちが出来ることがないか考えてくれます。

おさるのアイアイ君が分厚くなった温室効果ガスお布団で、暑がってます。これが今、地球お熱をだして暑がっているしくみなんですね。子どもたちにも分かり易いお話です。
P1100613_s.jpg
おおやけこども園は、おひさま発電所になって8年が経ちますが、そのことを先生が説明してくださいました。
P1100624_s.jpg
子どもたちも、おひさまが頑張って電気を作っていることがわかる発電表示盤のことを、知ってくれていました。
P1100628_s.jpg

                            深川
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

6/11環境腹話術@みょうりんえん

環境腹話術で毎年、妙林苑に行かせてもらっていますが、本年は、園舎も建て替わり、園の名前も「みょうりんえん」とひらがな表記に変わりました。

この日は、森のようちえん どろんこ園から、お二人が環境腹話術の見学に来られました。
初めてご覧になった感想を書いてくださいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は、良い機会をいただきありがとうございました。
子どもたち楽しみながら学べる腹話術…どんな感じなんだろうと
ワクワクしながら見せていただきました。
P1100572_s.jpg
内容はしっかりしたもの(大人でも勉強になる!)にも関わらず、子どもたちの食いつきがスゴイ
本当に面白く、あっという間の30分でした。

このように楽しみながら幼少期に学べた子どもたちは幸せだなぁと思いました。
きっと大きくなって学校で学ぶ際にこの経験が生きてくると思いました。
P1100581_s.jpg
自園でも是非開催させていただきたいと思いました。本当にありがとうございました。

        (一般社団法人 森のようちえん どろんこ園 石川)

・・・・・・・・・・

今日は楽しい腹話術劇を見学させていただき、ありがとうございました。
言葉ではまだ理解できない年齢の子どもさんもおられましたが、視覚だけでもイメージができるような工夫がたくさんされていて、とても楽しくわかりやすく・印象に残る腹話術劇で、私自身とても楽しませていただきました。
また、内容が日常生活の中でのことだったので、子どもたち自身がイメージしやすく、お家で話題にすることで、親子の会話のきっかけにもなりやすく、今後に発展させることができる内容や声かけがされていて、とても参考になりました。
P1100586_s.jpg
がもったいないから止めよう」とか「無駄な電気は消そう」など、部分的な声かけだけではわかりにくい環境の問題も、今回のようなつながりを丁寧にイメージしやすく見せることで環境に関する理解が、回数を重ねることによって深まっていくと思いました。
一回だけでなく、毎年見せていただくことが大切なのではと感じました。
ぜひ、親子での観劇を企画できればと思いました。

        (森のようちえん どろんこ園 スタッフ 北)
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)