11/24 自然幼稚園 自然観察会@京都御苑

自然幼稚園自然観察会国際ソロプチミスト京都−みやこわかばの皆様の助成により京都御苑で実施されました。
IMG_1889_s.jpg
板倉先生から色々なお話を聞いて出発です。
自然幼稚園では6月にも同じ子どもたち、同じ京都御苑自然観察会が実施されました。
IMG_1868_s.jpg
初夏京都御苑の表情は随分変化しています。初夏には新緑が美しく、小さなが可愛らしく咲いていました。今回はもみじの紅葉が鮮やかです。
IMG_1872_s.jpg
大きなイチョウの木も黄色の葉っぱが輝いています。皆で手をつないでイチョウの周りを囲みましたが、10人いても足りません。
IMG_1883_s.jpg
倒れたのところに、あれあれ木っ端じゃないね。ナナフシです。周りに溶け込んで身を守っているんですね。子どもたちの目はごまかせません。
IMG_1885_s.jpg
子どもたちは、赤や黄色に染まった落ち葉を集めたり、もみじヘリコプターを飛ばしたり、よく晴れた秋空の下で初夏とは違った京都御苑を楽しんでいました。
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

11/12 陵ヶ岡こども園 自然観察会@天智天皇陵〜山科疎水

陵ケ岡こども園近くの天智天皇陵での自然観察会には、親子27組総勢75名が参加しました。
広く静かな御陵の中、この日みんなに配られたのは、1枚のカード。「フィールドビンゴ」と書かれています。16マスに分けられたカードに書いてあるものは、植物のつるたねこけ年輪鳥のこえ風のおと、あまいにおいくすぐったいもの…、フルに五感を使ってこれらを見つけていくのです。
そして、全部見つけられたら、板倉先生から色々な種類のドングリプレゼントされます。参加した人は全員、見つけられましたよ、よかった!
P1120613_s.jpg
P1120619_s.jpg
参加していただいた先生から、たくさん感想をいただきました。
親子ともに、自然の物に夢中になって楽しそうに探す姿が印象的で、貴重時間を過ごせたのではないかと嬉しく感じています。
・発見した自然の物について、興味深いお話をたくさん聞くことができた。
P1120622_s.jpg
自然に触れる機会が減っているので、大人にとっても子どもにとっても貴重な機会となり良かった。
P1120642_s.jpg
童心にかえり、子どもと同じように必死になって「フィールドビンゴ」のマスに書かれた「自然」を探すことが楽しかった。
・普段何気なく目にしていた生き物植物についてのお話を聞くことで、自然は奥が深くて面白いと思った。
P1120643_s.jpg
虫メガネや袋を持参して、子どもたちも意欲的に活動していてよかった。

久々の親子での自然観察会に、たくさん参加していただき、手ごたえは充分。
来年の自然観察会が楽しみになってきました。
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

11/5 みょうりんえん 自然観察会@京都御苑

11/5みょうりんえん(認定こども園)の自然観察会が、京都御苑で行われました。
参加募集をしたところ多くの希望者があり、その中で15組親子が参加されました。先生方には、6月園庭での自然観察会研修を受けてもらったので、熱心に関わっていただきました。以下3人先生からの感想を頂きました。

京都御苑での観察会は、参加が二度目であったことから、所々で聞いた話を知識として身についていることを再確認できた。
P1120600_s.jpg自然環境は、保育をする中で非常に密接なものであり、知識を持っていることで子ども自然に対する興味をより持つことが出来ると思う。
今回、板倉先生に様々な質問をしている様子を見て、改めて子どもたち知識欲を感じ、その思いに応えてあげたいと思った。
また前回のように、園庭での職員研修を通して、身近な自然のことをより知っていきたい。
短い時間ではありましたが、大変実りのある時間でした。ありがとうございました。(細川)

●昨年に続き、参加させていただきました。
P1120562_s.jpgまた違った植物知識遊びを知ることができて良かったです。
カモフラージュの遊びも、子ども視点で隠すことが大切と感じました。
子ども保護者とも楽しんでおり、子ども職員の様子も見て頂けて、喜んでもらい良い時間となり良かったです。
また、さらに自然物を用いて遊び知識をつけていきたいと思うので、今後ともよろしくお願いします。(西本)

●個人的には、久しぶりで二回目の御所での自然観察会であった。
P1120558_s.JPG色々な葉っぱの事を教えていただいて、おもしろかった。
特にクロマツアカマツの見分け方(触って痛い、痛くない)を初めて知った。
また園内研修でもした「カモフラージュ」(自然の物の中から人工物を見つけるゲーム)、あと一つ見つけられなかったのを悔しく思うが、やはり楽しかった。
P1120577_s.jpgP1120593_s.jpg
保護者からも、「普段からよく行く御所にあんなに色々な植物がある事を知らなかった。色々なことを知ることができてよかった。」という感想をいただいた。
また参加したいと思う。(若狭)
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

10/25 大宮保育園 自然観察会@京都府立植物園

大宮保育園先生から自然観察会感想をいただきました。

10月25日には今年も自然観察の取り組みをおこないました。
当日は秋空のもと、賀茂川沿いを散策しながら植物園まで向かいました。
道端の草花や、賀茂川にいるたちの名前生態なども板倉先生から丁寧に教えてもらえて”なるほど”というような表情の子どもたち
ヘビ抜け殻を見つけたりと、身近にあった”お宝”に、目がキラキラと輝いていました。
P1120446_s.jpg
植物園ではドングリ表を見せていただきながら、「これなんのドングリやろ?」と形を合わせてみたり、「もっと大きいのあるかな…」「ダイヤモンドドングリ(シリブカガシ)をとりたい」
P1120483_s.jpg
P1120484_s.jpg
落ち葉をかき分けながら探していました。
その中で、板倉先生もめずらしい!というほどの貴重なアメリカドングリも見つけたりと、の違いも楽しんでいました。
P1120476_s.jpg

その他にもアゲハの幼虫も見つけたり、葉っぱ匂いをかいでみたり…自然の中では大人子ども五感をフル活用して楽しむことができてますね。
P1120450_s.jpg
P1120545_s.jpg
保育園から植物園までの往復は長〜い道のりで、帰園してお布団に入るとすぐに眠りについていました。
今年も貴重な機会を作っていただき、ありがとうございました。
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

7/20 環境腹話術@みょうりんえん

2022年7月20日、みょうりんえんにて行われた環境腹話術に初めて参加させていただきました。
前日の大雨にも関わらず子どもたちは元気いっぱい畠山智子さん腹話術に見入っていました。
CO2排出のこともエコについてもしっかりわかっている子も多く見受けられて、私よりしっかりしていると痛感しました。
エコに関する内容を腹話術に取り入れて子どもたちにも浸透させる、素晴らしいことだと改めて感じました。
今回は森バージョン(木を切って町が出来ていく…)でしたが、別の内容のも見せていただいて、エコに関してもっと深く掘り下げていけることを期待しています。
DSC_0381_s.jpgDSC_0394_s.jpg
みょうりんえん環境もすばらしく、この環境を維持できることにつながればいいなと思います。
次回も楽しみにしています。
                              藤田
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

6/29 環境腹話術@陵ヶ岡こども園

こんにちは、気候ネットワーク広瀬です。
6/29に陵ヶ岡こども園で行われた環境腹話術を参観させていただきました。
この日は、陵ケ岡こども園に通う年長・年中組さんたちが、ハタさんこと腹話術師畠山さんが連れてこられた、人形の“シンちゃん”と、きょうとグリーンファンドさんのマスコットキャラクター“ぐりにゃん”と一緒に地球温暖化について学びました。
陵ヶ岡こども園は、幼保連携型認定こども園で、認定こども園とは、保育園の機能と幼稚園の機能と子育て支援の機能を総合的に兼ね備えた保育・教育施設です。
先生と共に元気にごあいさつしながら入場してきた子どもたちは、これから始まる腹話術にわくわく感を隠せない様子でした。ハタさんぐりにゃんが登場した瞬間から、体を前のめりにしてお話に夢中になる子どもたち。導入の場面では、マイクを通して聞こえてくる二人(本当は一人)の声に子どもたちは、積極的に声を出して反応していました。
P1120416_s.jpg
さて、いよいよ“ぐりにゃん”に変わって人形の“シンちゃん”が登場し、地球温暖化のしくみや、その原因、それが私たちの暮らしと関係していることが、絶妙なテンポの掛け合いで笑いまで取りながらお話が進んでいきます。
P1120423_s.jpg
後半は、まるで手品のように出てくる水道の蛇口電球、エコバッグなどの小道具を使って、子どもたちハタさんシンちゃん(本当は一人)が問いかけながらの出しっぱなし、電気のつけっぱなしをへらすために「何ができるのか」を考えさせながらお話が進み、温暖化は自分たちの身近な暮らしとつながっていることに気づかされました。話の間、子どもたちのキラキラ輝く眼差しが、とても印象的で、ハタさん環境腹話術は、子どもたちを間違いなく本気にさせ、それぞれの日常の中で実践されていくだろうと感じました。
P1120427_s.jpg
では、私たち大人子どもたちの学びを将来に活かすために何ができるのでしょう。
子どもたち若者世代は、今の大人たちが作り上げた世界でこれからも生きていかなくてはなりません。子どもたち希望を持てる未来にしていくために、我々大人2050年CO2ゼロに向けて、社会システムを変えていくための行動を着々と実践していくことが必要なことなのではないでしょうか。
私は、これまで、何度かおひさま発電所に訪問させていただく機会をいただきました。そこで、発電所稼働までのプロセスに関わっておられる地域自治体施設の方々が大変なご苦労をされていることを知りました。同時に、そのことは、とても尊く、きっとやりがいがあることなのだと感じました。
P1120430_s.jpg
だからこそ、おひさま発電所の取組に、子どもたちが関わることができる環境づくりは、子どもたち自らが課題を発見したり、合意を形成の大切さを学んだりするきっかけとなり、その学びは、将来子どもたちによって、色とりどりに活かされていくことが期待できるのではないでしょうか。今後も地域ぐるみの取組が広がり、地域社会がより豊かになっていくことを心より願っています。
私も多くの学びの機会をいただきました。ありがとうございました。
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

6/20 自然幼稚園自然観察会@京都御所

自然幼稚園自然観察会が、久しぶりに新緑が美しい京都御苑にて行なわれました。
年中組58人園児6人先生が参加してくださいました。

咲き終わった桜のソメイヨシノの木で、サクランボは、見られません。ソメイヨシノは、掛け合わせたクローンだからです。サクランボの実が出来るのは、セイヨウミザクラだそうです。
P1120370_s.jpg
おもしろいを発見!木がだけになって、大きなもあいてます。内部が腐り、外側だけですが、師管導管形成層だけが残っているため、まだ生きています!
あいたにみんなは、松ぼっくりドングリを投げ入れて遊んでいます。
P1120385_s.jpg
大きながありました、でも上の方の葉っぱが違う?これは、根元でケヤキの木とムクの木が引っ付いて生えていたから1本ののように見えたんですね。だから、上部では、それぞれに成長していて、違う葉っぱだったんです。
P1120395_s.jpg
キノコといえば、を思い出しますが、春でもキノコを発見!テングダケ幼菌です。これからが開きます。ちなみにこのキノコは、毒キノコです。
P1120396_s.jpg色々なものを見て、トンビカラスに気を付けながらお弁当を食べました。
鳥たちも、美味しいものを知っているんですね。

                             深川
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

6/4 自然観察会(職員研修)@みょうりんえん

みょうりんえん(認定こども園)の職員を対象にした自然観察会です。4年前に園舎を建て替えた時、園庭設計士さんが色々な樹木を植えられました。子どもたちに登ったり、葉っぱに触ったり、生き物と触れ合ったりできるようにと。子どもたちに入れても大丈夫なもの、蝶々が来るものなど、たくさんの花や木の種類があります。講師の板倉先生は、その特徴名前の由来など話され、みょうりんえん先生方は、熱心に聞いておられました。きっと子どもたちに教えてあげるためでしょうね。
園庭P1120274_s.jpg
カモフラージュP1120279-1_s.jpg
自然観察会で気を付けないといけない害虫の話もありました。スズメバチムカデマダニヒルなどは、対処の方法を知っておく必要があります。それぞれの生き物の特性を知り、理解して共に生きていきたいですよね。
害虫対策P1120292-1_s.jpg
この園庭で、花や木が育ち、子どもたちも育ち、ステキな思い出もたくさん生まれることでしょう。
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

6/2 環境腹話術@かすがのえんこども園

かすがのえんこども園子どもたちが、腹話術士の畠山さん、人形のしんちゃんと一緒にエコについて学びました。
P1120245_s.jpg
園では、毎月16日エコの日として取り組まれています。
P1120250_s.jpg
P1120251_s.jpg
P1120254_s.jpg
園には「おひさま発電所」があります。
子どもたちは「おひさま発電所」の表示板が光るかを、とても楽しみにしています。
この日は特にいいお天気で、ぞうさんまでピカピカでした。
P1120255_s.jpg
自然いっぱいの素敵な園庭で遊びながら、エコな習慣が身についていきます。
園庭の丸太橋は、小さな子どもたちにとっては難しく、丸太橋が渡れるようになることが憧れだそうです。
P1120258_s.jpg
P1120262_s.jpg

                               山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

5/30 環境腹話術@大宮保育園

今年度第1回目の環境腹話術大宮保育園で実施されました。
おなじみのアイアイくんの登場から始まりました。
P1120229_s.jpg
なんで地球お熱で困っているのか。アイアイくんと一緒に考えていきます。みんなが便利に暮らすためにCO2が増えすぎて、地球のお布団が分厚くなってお熱になっているのです。
これを地球温暖化と言います。
次は、どうしたら地球お熱をさげれるか。シンちゃんと考えます。
P1120231_s.jpg
お茶で沸かして水筒に入れて来る。お買い物袋を持って行く。誰もいない部屋電気は消すとか。
地球温暖化を防ぐために何かしてますか」とシンちゃんに聞かれた先生たちも、常日頃気を付けていることを教えてくださいました。
P1120233_s.jpg
レジ袋はもらわない。牛乳パックトレイを回収場所に持って行く。ペットボトルのお茶は買わない。一度使ったでも裏を使ってを描いたりする。
こんなふうに考えて生活している先生たちに見守られている大宮保育園子どもたちは、エコを自然に身につけていくのだと思いました。

                               山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)