12/2 マレーシア視察団 来日 @法然院森のセンター

(公財)京都市環境保全活動推進協会京エコロジーセンター指定管理者)では、JICA(国際協力機構)による海外からの研修員受入や、気候ネットワークと協働で、マレーシアイスカンダル開発地域における、低炭素社会実現に向けた人づくり地域づくりにかかわるプロジェクトを実施されています。
今回は、マレーシアから研修のため12人の方が、日本に来られるということで、京都のNPO取り組みを知ってもらう目的で、きょうとグリーンファンド活動を話してほしいと依頼を受けました。

そこで、きょうとグリーンファンド活動を知ってもらうためには、おひさま発電所1号機法然院森のセンターで、お話をさせてもらうのがいいのではないかということになり、森のセンターさんにご都合をお聞きしたら快くお引き受けくださり、今回の視察となりました。

Capture 020s.JPG
当日、始めに、法然院境内を散策しながら日本文化歴史に触れてもらい、法然院の山である森のセンターの活動のフィールドもほんの少しご案内しました。

P1090700s.JPG
次に、森のセンター内で、フィールドソサイエティー活動のお話をスタッフの方から聞かせてもらいました。

P1090701s.JPG
続いて、きょうとグリーンファンドから、おひさま発電所仕組みプロジェクトの進め方、環境学習のことなどをお話させていただきました。

P1090711s.JPG
今回来日された皆さんは、メモを取り、積極的に質問もされ、大変熱心に聞いておられました。

P1090714s.JPG
通訳をしてくださった女性は、今愛知県に在住のかわいい方で、日本語も大変うまくお話をされて感心しました。

P1090717s.JPG
それから、イスラム教徒の方たちは、午後1時〜4時半までの間にお祈りをしなくてはいけないようで、異文化に触れさせていただく一面もありました。

マレーシアで、大きな開発計画を行うにあたり、低炭素社会実現に向けて…という目的に、子どもたち未来のために今できることをと活動しているきょうとグリーンファンドの思いが届いてくれていたらいいなと思いました。
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

7/25上鳥羽 夏の夜市

7月25日上鳥羽北部地域夏の夜市が開催されました。
私たち、きょうとグリーンファンドも自転車発電体験コーナーやおまつりで出るごみ分別などのお手伝いに行きました。

当日は、午後6時からの開始にもかかわらず、30分前には既にたくさんの人が集まって、食券売り場には長蛇の列ができていました。
P1080748s.jpg
子どもたちは、嬉しそうに、並んだテントを残らず覗きながら走り回って、どのテントもとても盛況で、最後まで賑やかなお祭りでした。
P1080757s.jpg
自転車発電テントでは、子どもたちが力いっぱい自転車をこいで電球を点灯させたり、小型扇風機を回したり、ラジオをつけたりしています。
電球小型扇風機ラジオと段々に発電量が多く必要になりペダルも重くなって行きます。
特に、ラジオをつける時には急激に重くなって、なかなか難しそうです。
少しは発電の大変さがわかったかな。
IMG_0089s.jpgIMG_0084s.jpg
今回は、上鳥羽北部いきいき市民活動センターのみなさんと、きょうとグリーンファンドもお手伝いして、初めてごみの分別リユース食器に取り組みました。
素敵なわかりやすい分別のごみ箱が、入り口の目の前に置かれていて、やって来る人たちが、まず気がついて「あー、ごみは、ここに捨てればいいのだな」と意識できたのが大変良く、分別の成果も、かなりありました。
IMG_0070s.jpgIMG_0115s.jpgIMG_0166s.jpg
リユース食器は、冷しうどんのテントのみでしたが、今後は結果を踏まえて、使用するテントが増えていくことも期待されます。
P1080745s.jpg
実際に取り組むことで、他のいろいろな催しでの「ごみの分別」「リユース食器の使用」に向けて具体的な貴重なノウハウが蓄積されました。
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

きょうとグリーンファンドと自動販売機・・・

2年ほど前から自販機のベンダーさんとご縁ができ、自販機の売り上げから数パーセントのご寄付をおひさま基金にいただいています。
この「おひさま自販機」が2台となりました。P1010009s.jpg
環境NPOとしてはあまり認めたくはない自動販売機なのですが、各メーカーのアイテムを混入でき、集約型自販機として「適正台数にしたい」
「今ある自販機は、3分の1位の台数で、十分」
と、商売のことはそっちのけ!?
のベンダーさんの心意気と、おひさま発電所へのご理解は、現実的には大変有難く感じられます。

一見野放図に林立する自販機の台数が減って、おひさま発電所も広がる・・・。

基金への寄付分で電気代もほぼオフセットできるよ、と計算してくれた人がいて、ぐりふぁんとしてはもう少し広がるといいなと思っています。
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

2/15 未来フェスタ京都 2013〜未来のため、おひさまコーヒーを飲もう!?〜

京都市伏見区の京エコロジーセンター「未来フェスタ」が行われました。
前日の雪に驚かされ、当日は大丈夫かと心配しましたが、なんとか雪はとけ、時々雨模様の一日となりました。
相変わらず、寒い日でしたが、玄関先でペレットのストーブやボイラーの展示があり、そこで沸かしたお湯での「足湯」が暖かそう!P2151185 (1280x960).jpg
その足湯の隣で、春風コーヒーさんが、挽き立てオーガニック・フェアトレードのコーヒーを入れて、それを“おひさまコーヒー”としてお客さんに飲んでいただきました。P2151183 (1280x960).jpgコーヒーに使うお湯は京都ペレット町屋ヒノコさんのペレットボイラーで沸かしました。P2151187 (1280x960).jpg
そして、その代金の一部を“おひさま基金”に寄付をして下さる…という、大変ありがたい企画でした。P2151184 (1280x960).jpg
ヒノコ春風コーヒーとのコラボは、昨年秋の下鴨神社での左京ワンダーランド以来2回めとなりました。
仲をとりもって下さったのは、京のアジェンダ21フォーラムです。本当に、ご協力ありがとうございました。
私も勿論、そのコーヒーを飲みましたが、身も心も温まる一杯でした。

きょうとグリーンファンド 深川
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

NPO法人リアルにブルーアースおおさか市民共同発電所1号機点灯式

NPO法人リアルにブルーアースおおさか 市民共同発電所1号機 点灯式は1月19日。_4-1.jpg
昨年、きょうとグリーンファンドを訪ねて来られ、「NPO法人」を立ち上げ、20kWの太陽光発電を設置するまで、約1年間。あれよあれよという間に、おおさかパルコープのお母さんたちは、ずんずん進みましたね。おばさん力(わたしたちも、おばさんですが)はすごい!
見学に来られた時に、「点灯式には呼んでやー」と約束したので、ご案内をいただきました。こんなに早くとは、思ってもみませんでした。1-1.jpg_2-1.jpg「これで終わりとは思っていません。次から次へ、と広げたい」という代表のご挨拶に、広がりを実感しました。_5-1.jpg
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

9/29 「左京ワンダーランド」に参加して!!!

秋晴れの気持ちのよい日、下鴨神社の糺ノ森で行われた「左京ワンダーランド」に出展参加しました。
京のアジェンダ21の呼びかけで、毎月1回集まって会議をしている再生可能エネルギーワーキンググループで出展することになり、きょうとグリーンファンドも参加しました。

京都ペレット町屋ヒノコさんは、ペレットグリルで焼いたパンやおでんなどを、春風コーヒーさんは、フェアトレードのコーヒーを販売されました。sIMG_3066.jpgsIMG_3039.jpgこのコーヒーは、「おひさまコーヒー」として販売され、売り上げの一部をきょうとグリーンファンドのおひさま基金に寄付をしてくださいました!

ひのでやエコライフ研究所さんは自転車発電の体験コーナーを、他にはスターリングエンジンの展示、ソラークッカーの展示もありました。sIMG_0211.jpgsIMG_0216.jpg
自転車発電で発電した電気でラジカセを動かし、その音楽に合わせて「しいたけダンス」のパフォーマンスが行われるなど、人垣ができました。sIMG_0229.jpg

きょうとグリーンファンドは、子ども向けに「エコすごろく>」、「おひさまのお絵かき」をしました。
エコなことをすると進んだり、電気つけっぱなしだと後ろにさがる、「エコすごろく」。お母さんやお父さんも一緒に楽しんでいただけたと思います。sIMG_0225.jpg

おひさまの絵も力作ぞろい、竹のテント内に張らせてもらいました。
sP9280247.jpgsIMG_3141.jpgグリファンの絵本も当たる「くじ引き」も好評でした。

色々なお店の出展がありましたが、子ども向けのが少ないのか、何度も来てくれる子がいました。

おうちに帰っても、ちゃんとエコなことしてくれるかな…?

全体に緩やかな雰囲気が漂う「ワンダーランド」、若い家族連れのお客さんで一杯でした。

きょうとグリーンファンド 深川
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

森の窯でパンを焼こう!

7月6日(土)、陵ヶ岡保育園の先生達の研修を見学させて頂きました。
京都精華大学の中の森にある、板倉研究室の窯でパンとピザ作りです。

森の中でパン作り開始!!
この森の奥では、鹿が飼われています。s1.JPG
みんなでピザ生地をこねて、広げたら・・・s2.jpg
ピザの具をトッピング!s3.jpg
ねこバス型の、このパン窯で焼きます。
上には小さなトトロものっています。s4.jpg
焼けたかな??s5.jpg
それぞれ、おいしそうなピザが焼けました!s6.jpg
ちなみに、私の野菜ピザ(ちゃっかり作らせてもらいました)。
とってもおいしかったです☆s7.jpg
こちらは菓子パン。s8.jpg
具を入れて、成形します。
中には、ジャム+チーズ、というのもありました。s9.jpg
菓子パンもこんがり焼けました!
さすが、保育園の先生達がつくったパン。アンパンマンがたくさんいます。img212_file.jpg森の中は、時々涼しい風が吹いていて、おいしいピザも頂き、楽しい午後でした。
板倉先生、研究室のみなさん、陵ヶ岡保育園のみなさん、ありがとうございました。

きょうとグリーンファンド ボランティア 裕佳子
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

2013年総会記念講演会

総会後、トトロ先生でおなじみの板倉理事長「ウェールズのCATにおける環境教育プログラム」というテーマで講演。会員でない方も参加していただき、にぎわいました。IMG_0683.jpg
 CAT(Centre for Alternative Technology/自然エネルギー研究所)に半年間研修に行ってこられた板倉理事長ならではの話は、具体的で興味深いものでした。
名称未設定 2.jpg         CAT入口

スレート鉱山の跡地にヒッピーが住みついたことから、始まったというCATですが、地元の人々との軋轢があったなか、今の形に変遷を遂げたその過程は、どんなものだったのでしょうか。
名称未設定 3jpg.jpg             スレート鉱山跡地

ヒッピーの思想は、「既成の社会体制や価値観などに疑問を抱き、産業社会の豊かさを享受する主流文化からのドロップアウトをはかった。客観的知識=科学と理性にも疑いを表明、現代のエコロジー運動、反核運動、ニューサイエンスなどに受け継がれている」らしい。

東日本大震災と福島第一原発事故を経験した今、何か響くところがありますね。
現在、寄付が減り縮小を余儀なくされているとのこと、運営は楽ではないようです。

いわゆる私たちがイギリスの旗と思っているユニオンジャック(イングランド・スコットランド・北アイルランドの旗を合わせたデザイン)には入っていないウェールズの旗は、赤いドラゴンが真ん中にどっかり据えられた白とグリーンのデザインで、ウェールズ語が話される日常は、「イングランドではない」というさまざまな「こだわり」があふれているのでしょうね。
名称未設定 1.jpg

きょうとグリーンファンド 大西
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

2013年総会

5月24日、2013年総会が無事終わりました。

今年は、法律の改定に伴う手続きもなく、役員改選もなく、決算報告なども特に問題は見当たらなかったので、スムーズに進行しました。
近年になく…、という感じでしたね。
IMG_0683.jpg
事務局としては。新しい会員さんも出席していただき、マンネリ?感も払拭されたよう…

新年度の新しい取り組みへの予感もあり、穏やかながら、新しい気分を共有するのには、充分な時間となったように思います。
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

相馬にもおひさま発電所を!その3

<相馬報徳社との面談>

相馬市に建設予定のコミュニティ-ハウス 『さとばたけ館(仮)』は、一般社団法人相馬報徳社が児童研修宿泊施設として、帰還困難地域(福島第一原発周辺の市町村)の子どもたちの交流の場として使用したり、宿泊研修、各種団体のイベント・会議・打ち合わせなどに使用するために建設する予定と、お聞きしていました。

 そうまグリーンアークのメンバーと共に報徳社の会長・副理事長・事務局長など4名の方々とお会いし、簡単にきょうとグリーンファンドの活動内容をお話しました。
IMG_0470.JPG
 独特の思想によって農村の立て直しに尽力した農政家・思想家であった二宮尊徳の教えに基づく農村復興策は、相馬中村藩でも導入され、財政の再建に成功したのだそうです。少し昔の小学生だった私は、薪を背負って本を読みながら歩く二宮金次郎の像をすぐ思い出しました。images[1].jpg2012082618161048e.jpg
 おひさまプロジェクトが単に設備を設置するだけでなく、環境学習も同時に進めて、暮らし方を変えていくきっかけとなるようにという点には、共感していただいたようでした。ただし、施設はアムウェイ社からの寄贈ということで、竣工の時期は少し先になりそうでした。

 今回は、顔合わせ、よろしく、という場だったと思いました。
その他 | comments (0) | trackbacks (0)