5/16環境腹話術@つくし保育園

この度、きょうとグリーンファンドに新しい仲間が増えました。左から「みどりちゃん」、「ぐりわん」、「ぐりにゃん」です。
P1110057_s.jpg
今日はつくし保育園のみんなに、「ぐりにゃん」が初お目見えです。地球温暖化のお話をしてくれました。ハタさんとのもぴったりです。
P1110032_s.jpg
にゃんこ仲間のトラちゃんが、を無駄遣いしないシャワーを実演!みんなよくわかったかな。
P1110043_s.jpg
しんちゃんの、「買い物ではエコバッグを持って行ってレジ袋をもらわない。お茶は水筒に入れて、なるべく自動販売機で買わないようにしようね。みんなもやってるかな?」という問いかけに、子どもたちは元気よく「はーい
P1110047_s.jpg
つくし保育園では園庭に実のなる木をたくさん育てています。
この日、園庭で収穫した夏みかんを使った冷たいおやつを、いただきました。

                         山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

1/30点灯式@安朱保育園

1月30日、23番目おひさま発電所安朱保育園点灯式がありました。
ans_013_s.jpgans_045_s.jpg
安朱保育園はJR山科駅の近くにある1969年に開園した保育園です。
ans_079_s.jpg
1969年から50年目2019年50周年記念事業のひとつとしておひさま発電所の設置に至ったそうです。
点灯式の一連のセレモニーの後、保育園の屋上にある太陽光発電設備を見学しました。
ans_090_s.jpg
屋上から周囲を見ると、駅の北側には山が広がっています。その麓に848年創建の古刹安祥寺があります。そしてこの地域の南側は朱雀とよばれていたのだそうです。安祥寺朱雀の一字目を組み合わせて、この地域の地名が安朱となったそうです。この地名が示すように、山科は古い歴史をもった町です。そして自然にも恵まれた土地です。
古い歴史をもち自然にも恵まれた環境でのびのびと育つ子どもたちを見守るように建てられた太陽光発電設備。このゆたかな自然を守って行くためにも、再生可能エネルギーの普及をますます進めなければいけないとあらためて感じました。
                            松岡
おひさま発電所 | comments (0) | trackbacks (0)

1/26エコすごろくワークショップ@大宮保育園

大宮保育園では2回目のエコすごろくワークショップですが、前回からはだいぶん間があきました。保育園の先生方13名に保護者の方2名、子ども1名が参加してくださいました。
写真1_s.jpg

まずは講師の大関はるかさんによる地球温暖化のお話を聞いて、今エコが大切なことをみんなで共有しました。
写真2_s.jpg

その後、4つのグループに分かれて、グループごとに「エコすごろく」を作っていきます。エコなこと、そうでないことを一人ひとりが考えて、グループのみんなで絞り込んでいきます。最初はなかなかエンジンがかかりませんでしたが、模造紙に書き始めるとグングン勢いがついて、アイデアが溢れ出して、可愛いイラストまでつけて、かなり完成度の高い「エコすごろく」ができました。時間が1時間30分ということで、すべて完成とまではいきませんでしたが、後日4枚の「エコすごろく」を2枚にまとめて、大宮保育園作の「エコすごろく」を作ります。出来上がりが楽しみです。
写真3_s.jpg

すごろく」という形で、日常生活の中で自分たちにできるエコを、あらためて考える機会になりました。


                                山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

11/12環境腹話術@安朱保育園

安朱保育園で、おひさま発電所第23号機プロジェクトが始まり、園児さんハタさん腹話術環境の事をお勉強してもらいました

園長先生地球についてのお話IMG_4037_s.jpg

ハタさんペンちゃんと登場。地球がお熱で苦しんでいます!! 
IMG_4050_s.jpg
ドラゴンが登場。街がCO2 で大変な事になってます!!P_20181112_101709_s.jpg

P_20181112_102806_s.jpg
エコレンジャーシンちゃんが登場して歯磨き時のお水の使い方などCO2減らして地球にやさしくする方法をお勉強しました❤
★見慣れない道具が並んだお部屋に入るとワクワク
ハタさんの登場で 園児さんのテンションも上がりました。でも楽しいだけでは無いのです。
ペンちゃんドラゴンシンちゃんを通して地球の現状、お熱の原因、そして地球を大切にする事を学び大人の私も充分引きこまれました。今日お勉強した園児さんエコレンジャーになって地球にやさしくすることをお家の方にも伝えて実践してくれることでしょう。


                                 森
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

11/7環境腹話術@つくし保育園

恒例の腹話術つくし保育園でありました。

今回は、カエルのケロちゃんが、来てくれました。
ケロちゃんによると土の中で、地球の声が聞こえているようです。
地球の歌が聞こえて来るよ〜!あつい!あつい!あつい!あつい!
ケロケロケロケロ、クワッカッカ〜!」

やっぱり、地球温暖化地球お熱を出しているようです。
温暖化のしくみをケロちゃんが体を張って経験してくれてます。
そうだったかのか〜と大人も納得…。
P1100808_s.jpg

シンちゃんは、どうしたら地球を救えるか、みんなで考えます。
エコバックを持って買い物を行くのも、地球にやさしいんですね。
レジ袋は、いりません!」って言えるかな?
P1100812_s.jpg

この日は、国際ソロプチミスト京都―わかばさんの「わかば環境教室」として
おこなわれました。
P1100819_s.jpg

                         深川
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

10/31大宮保育園の自然観察会@京都府立植物園

今回は板倉豊先生が、京都府立植物園大宮保育園ドングリ観察会を行いました。
賀茂川の方から元気に歩いてきた子どもたちと一緒に、植物生き物について観察です!

植物園に到着し、すぐにたくさんのどんぐり松ぼっくりを発見!ビニール袋を片手にみんな拾うのに一生懸命です!特にマテバシイどんぐりは先生曰く他のどんぐりより美味しいとのことなので必死!きれいなをしたどんぐりや大きいどんぐりなど、みんな見つけてきてくれました。
写真1_s.jpg

道なりにどんどん進んでいくと、カワセミを発見!この写真は当日参加された加藤造園の方が撮影して下さいました。さすが望遠レンズです!オスのカワセミが写真にばっちり!くちばしの下が赤いとメスで、この写真のように上下まっくろくちばしはオスです。
写真2_s.jpg

そろそろおなかもすいたな〜と言いながら着いた広場にはなんと!ねこバスが!!
たくさんのお花で彩られたねこバスにみんな大興奮!ちゃんと運転席にはハンドルもあり、交代で楽しんでいました。
写真3_s.jpg

この後はみんなでごはんを食べて、お次は植物園内にある温室で様々な植物の観察をしました。日本では見られない植物や、中にはもいたりしてみんな身を乗り出して観察していました。
世界一大きい竹であるゾウタケを見た女の子は、「かぐや姫が入ってる大きさだ!」と言っていました。たしかに…!子どもたち発想にはいつも驚かされます。
写真4_s.jpg

温室を出た後はみんなで記念撮影!きれいに咲いているコスモスの前でチーズ!このときの写真はカレンダーにもなるらしいです!みんないい子に撮れました!

                  (京都精華大学人文学部4回生 古林)
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

10/25点灯式@株式会社吉川商店点灯式

秋晴れの10月25日木曜日 第22号機点灯式を迎えました。
株式会社吉川商店は、京都伏見リユ−スびん洗浄する工場を営んで60年となる企業です。
化石燃料に依存し、使い捨て容器が当たり前となった現在、さまざまな課題が表面化していますが、回収した一升びん洗びんし、再使用した場合の温室効果ガス排出量は、新しいびんを使った場合と比べ約9割もの削減効果があります。
吉川商店では、容器のなかでRE100%が可能なのはリユ−スびんだけではないかと、さらに太陽光発電などを活用し温室効果ガスの大幅な削減を目指しています。
今回のプロジェクトは、持続可能社会づくりに熱意をもって取り組んでいる企業と、市民が協力して「おひさま発電所」が設置された初めてのケースとなります。

株式会社吉川商店代表取締役 吉川康彦様のご挨拶写真_1_s.jpg
きょうとグリーンファンド理事長 松岡憲司の挨拶写真_2_s.jpg
御来賓京都府環境部エネルギー政策課副課長 高見英伸様より挨拶を頂きました写真_3_s.jpg

有限会社ひのでやエコライフ研究所 鈴木靖文様の「これからのおひさま発電所」を受講写真_4_s.jpg
リュースびんLEDのイルミネーションライトで装飾して点灯写真_5_s.jpg
看板の贈呈をきょうとグリーンファンド副理事長 田浦健朗より写真_6_s.jpg
みんなで記念撮影写真_7_s.jpg

みなさん興味をお持ちの設備見学写真_8_s.jpg
洗びんの工程を見学し、パネルの裏面に名前を書き込みました写真_9_s.jpg
パワコンEMSの説明を受けました写真_10_s.jpg
工場で使用される水は地下水を汲み上げ使用後は処理して排水されています写真_11_s.jpg
☆昔は飲料、調味料はびんに詰められて、空きびんの持参での戻り金は、おこづかいになっていた懐かしい思い出をお持ちの方が多いと思います。
これからは次世代のために、地球にやさしいおひさまの電気洗びんされた、環境にやさしいリュースびんに戻りたいですね

                               森
おひさま発電所 | comments (0) | trackbacks (0)

10/17つくし保育園の自然観察会@つくし保育園

今回は板倉豊先生が、伏見区にあるつくし保育園自然観察会を行いました。
元気に外へ出てきた子どもたちと一緒に、秋のネイチャーゲームに挑戦です!

カモフラージュ
最初のゲームはカモフラージュというゲームで、自然の中にいくつか人工物を隠し、それを何個見つけられるかというゲームです。人工物といっても柿や枝の形をした物もあるので、なかなか難しかったのではないでしょうか?みんなで協力しながら考えて、答え合わせもみんなでします!
写真1_s.jpg
サウンドスケープ
お次はサウンドスケープ聴診器で人間の心臓音木や土の音を聞きました。その後サウンドスケープで、を手で大きくして周りの音を聴くゲームです!子どもたち川の音鳥の鳴き声工事の音といったたくさんのを聴きとり、みんなで共有しました。

こうもりと蛾
その次にはこうもりと蛾こうもり役が目隠しをして声や足音を頼りに蛾の役を捕まえるゲームです。残りの子たちは手をつないでこうもり役の子と蛾役の子を囲むとなってもらいます。
バットバットバット!(こうもりの意)」「モスモスモス!(蛾の意)」「かべ〜!(壁の意)」
みんなこのゲームが一番楽しかったようで、こうもり役蛾役になりたがる子が後を絶たなかったです!
写真2_s.jpg
森の芸術家
最後は、森の芸術家というゲーム。自然に落ちているお花落ち葉等をフレームに貼り、芸術作品をつくりました。
同じ種類のをいろんな角度で貼る子や、きれいなを集めてきてカラフルに貼る子、かわいいお花を貼る子など、みんなの個性がひかるゲームになりました。
自分で作った作品はとても気に入るものになり、「家に帰ってかざる!」という声をたくさん聞くことが出来ました。
写真3_s.jpg
そして最後に!
きょうとグリーンファンドからつくし保育園おひさま発電所になってくれて10年感謝状の贈呈がありました。私も保育園に着いてすぐかわいい発電表示盤を見つけました!この日は雲が多い天気だったので、あまり電気はつくられていなかったかな?
これからも、おひさま発電していくところを見守ってね!

                   (京都精華大学人文学部4回生 古林)
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

10/16環境腹話術@陵ケ岡こども園

今回は、が建て替わって、新しいホールでの初めての環境腹話術です。建物は新しくなりましたが、元の「おひさま発電所」はそのまま屋根に載せられました。子どもたちが馴染んでいる表示盤も元のままです。
P1100697_s.jpg
環境腹話術が始まる前に、9月、10月生まれの子どもたちのお誕生会が開かれました。得意げだったり、恥ずかし気だったり、でもみんなにお祝いしてもらって、とても嬉しそう
P1100702_s.jpg
みんなで声をそろえて「ハタさ〜ん」と畠山さんを呼び出して、環境腹話術が始まります。ハタさんと一緒におさるのアイアイくんの登場です。アイアイくんは、いつも子どもたちに大人気です。
P1100706_s.jpg
シンちゃんは、「スーパーのレジ袋ごみになるのでマイバッグを持って行こう」と言っています。ごみは燃やすとCO2が出て地球温暖化を進めてしまうのです。
そんな地球温暖化の仕組みをアイアイくんと一緒に、ハタさんに教えてもらいました。
P1100713_s.jpg

                                山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

8/23環境腹話術@向島保育園

向島保育園では昨年に続いての畠山さん環境腹話術です。年長さん子どもたちは、よく覚えていて、「ぼく、これ知ってる〜」と、ワクワクして待っていました。
いつものように、みんなで声をそろえて「ハタさ〜ん」と畠山さんを呼び出します。
ハタさんと一緒におさるのアイアイくんが登場します。アイアイくんが、登場しただけで、大うけで、アイアイくんのひと言ひと言にも大喜びです。
P1100644_s.jpg
地球温暖化仕組みアイアイくんと一緒に、ハタさんに教えてもらいました。

向島保育園では「エコせんげん」をしていて、子どもたちは常々からエコを心掛けています。
P1100650_s.jpg
だから、今日のハタさんのお話もよくわかったようです。
特に向島保育園には「おひさま発電所」があって、CO2を出さない電気を作っています。「おひさま発電所」の表示盤も、子どもたちにはお馴染みで、いっぱい電気を作ってくれているのを毎日、見ています。
P1100652_s.jpg


                                山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)