相馬にもおひさま発電所を!その3

<相馬報徳社との面談>

相馬市に建設予定のコミュニティ-ハウス 『さとばたけ館(仮)』は、一般社団法人相馬報徳社が児童研修宿泊施設として、帰還困難地域(福島第一原発周辺の市町村)の子どもたちの交流の場として使用したり、宿泊研修、各種団体のイベント・会議・打ち合わせなどに使用するために建設する予定と、お聞きしていました。

 そうまグリーンアークのメンバーと共に報徳社の会長・副理事長・事務局長など4名の方々とお会いし、簡単にきょうとグリーンファンドの活動内容をお話しました。
IMG_0470.JPG
 独特の思想によって農村の立て直しに尽力した農政家・思想家であった二宮尊徳の教えに基づく農村復興策は、相馬中村藩でも導入され、財政の再建に成功したのだそうです。少し昔の小学生だった私は、薪を背負って本を読みながら歩く二宮金次郎の像をすぐ思い出しました。images[1].jpg2012082618161048e.jpg
 おひさまプロジェクトが単に設備を設置するだけでなく、環境学習も同時に進めて、暮らし方を変えていくきっかけとなるようにという点には、共感していただいたようでした。ただし、施設はアムウェイ社からの寄贈ということで、竣工の時期は少し先になりそうでした。

 今回は、顔合わせ、よろしく、という場だったと思いました。
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

相馬にもおひさま発電所を!その2

<相馬へは仙台空港から>

 福島県相馬市へは、福島空港ではなく仙台空港から南下、まだ開通していない常磐線亘理(わたり)駅からは代行バスで相馬に着きました。

 迎えに来て下さった菊地さんに、「眺望優先で選びました」という宿泊先に案内された後、近くのNPO法人「そうまグリーンアーク」事務所へ。IMG_0480.JPG

 仕事の都合をつけて集まっていただいたメンバーに、きょうとグリーンファンドやおひさまプロジェクトについて、パワーポイントを使ってお話しました。IMG_0756.JPG
 菊地さん以外のメンバーには、ここでようやくきょうとグリーンファンドの活動内容が不十分ながら伝わったようです。じかにお会いしてお話することの大切さを、改めて感じました。
 
 皆さん私の息子世代でしたね。
 津波・地震、どのくらい続くかわからない放射能との付き合い…。震災後2年余り、その間どんなことがあって、どう過ごしてきたのかを、ポツンポツンとした話の中から拾ってつなぎ合わせながら想像しました。

 そして、そこから自分たちで立ち上がらなければ、と覚悟を決めた若い人たちを、きょうとグリーンファンドは具体的にどのくらいお手伝いできるかを見極めるのが、私たちの訪問の目的の一つだと思ったのでした。
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

ソウル市から視察

 ソウル市から、担当者が3人視察に来られました。「原発に頼らないで、なんとかやっていきたい。困難ではあるが、どう進めていくか参考にしたい・・・」といった主旨で来られたそうです。環境・技術・行政の各担当者で、この陣容からも、本気度が窺われます。
 
2002年設置のあけぼの保育園にご案内しました。
息もつかせぬ矢継ぎ早の質問が、きょうとグリーンファンドやあけぼの保育園の活動を紹介するうちに、だんだん言葉少なになり、最後には拍手が・・・。神戸在住で、原発についてよくご存じの通訳さんからは、思わず「すばらしいです!」という言葉をいただきました。sIMG_0739.jpgsIMG_0731.jpg
 「韓国では、市民の活動がまだまだなので、国や行政が率先して進めなければ、と考えています・・・」といわれたので、1月に来られたテジュンのグリーンコリアの方々のことをお伝えすると、早速連絡を取ってみたい、ということでした。きょうとグリーンファンドが仲立ちとなって、韓国のネットワークが広がるという思いがけない展開。
「原子力利用のリスクは国境を超えるもの、地球市民としてお互いに頑張りましょう」と意気投合したのでした。。sIMG_0728.jpg
私は、あけぼの保育園の若い園長補佐である敬子先生の過不足ない説明と、ハングルに訳した資料にすっかり脱帽でした。

ぐりふぁん 大西
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

こども店長の夏休み自由研究!!!

きょうとグリーンファンドのおひさまカフェのこども店長として大活躍してくれた、かいと君が、夏休みの自由研究にソーラークッカーでカレーづくりに挑戦しました。

そのレポートをぐりふぁんブログに投稿してくれました。

夏休みの自由研究〜太陽ねつでカレー作り!

今年の夏、ソーラークッカーでカレー作りにちょう戦した。

ソーラークッカーは売られているものではなく段ボールとアルミはくを使って、自分で作った。2012_0906_103445-P1000341.JPG
角度をはかったり、いろいろたいへんだったが、おいしいカレーを作ることができた。

実験何度まであがるか?
黒い紙をまいたお茶のカンに水100ccを入れて水温をはかった。50分で70度まであがった。

実験カレー作りにちょう戦!
肉はくさるから野菜を小さく切って鍋にいれた。1時間たっても温度が40度くらいにしかならない。黒い紙でなべをおおった。今度は70度までいった。野菜がやわらかくなったのでカレールーを入れた。2時間後、さらさらのスープカレー完成だ!
太陽は黒い方がねつを集めることがわかった。

この実験で、わかったことは
ガスや電気を使わずに、料理を作ることができるということだ。
太陽さえあればどこでもできる。
それにガス代や電気代もかからない。
道具をくふうすると、カレーだけにとどまらず、ハムやベーコンをやいたり、やきイモも作れる。

もっと、太陽を利用したらエネルギー問題も解決できるだろう。
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

ひたちなか市からお客様!!!

9/7ひたちなか市役所から4人の方がぐりふぁん事務所にヒアリングに…

ひたちなか市も津波の被害を受け、未だ復興途上とのこと。
災害に強い町づくりを考える中で、再生可能エネルギー導入、そして市民共同おひさま発電所に関心を持っていただいたようです。

行政だけでなく、ひたちなかの市民の皆さんにも共感して頂き、みんなのおひさま発電所が町づくりのシンボルになったらいいですね。IMG_0164.JPG
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

深草おひさまプロジェクト キックオフ!!!

4/22の京エコロジーセンター10周年記念イベントでのおひさまカフェには、実は重大なミッションが隠されていました。

エコセンのある京都市伏見区の深草地区にみんなでおひさま発電所をつくろう!“深草おひさまプロジェクト”のキックオフの日だったんです。

ということで、おひさまカフェのコーヒーやパンの売り上げの一部を深草おひさま基金に寄付していただきました。

また、おひさまカフェのコーヒーは自然エネルギーで淹れることにこだわりました。ソーラークッカーは雨のため使えませんでしたが、ペレットグリルでお湯を沸かしました。すべてのエネルギーを自然エネルギーで賄うことはできませんでしたが、コーヒーを飲みながら、エネルギーについて考えていただくよい機会となったと思います。

総額 7,090円の寄付が集まり、深草おひさま基金がスタートしました。

地域のみなさん、エコセンの環境ボランティアのみなさん、環境団体のみなさん、いろいろな方と一緒に、深草におひさま発電所を作りたい。その第一歩となる記念すべき日となりました。

どんな小さなことでもいい、私たちと一緒に深草おひさま発電所をつくるお手伝いをしてください。
みなさまのご支援、ご協力をお待ちしています。

なお、深草おひさまプロジェクトの進行状況はHP,ブログを通じて、みなさまにご報告していきます。

みんなのプロジェクトです。
みんなのおひさま発電所をつくりましょう。

きょうとグリーンファンド 北川
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

4/22京エコロジーセンター10周年記念イベントに出展しました!!!

4/22京都市伏見区深草にある京エコロジーセンターの10周年を祝うイベントにきょうとグリーンファンドも出展しました。

ぐりふぁんは自然エネルギーを使って淹れたコーヒーを販売するお店“おひさまカフェ”を開きました。

あいにくの雨に心配したのですが、見てください。テントの中には、子どもたちの描いてくれたおひさまの絵がいっぱい・・・IMG_0203.JPGIMG_0204.JPGIMG_0206.JPGIMG_0207.JPGIMG_0214.JPGIMG_0215.JPGぐりふぁんのテントだけは、おひさまサンサン、明るく輝いていました。

エコセン近くの喫茶うずらさんのコーヒーの香りとSUZUPANさんのおいしいパンに誘われて、たくさんのお客さんに来ていただきました。

午後のひとときは、おひさまライブ、エコセンの環境ボランティアで結成したバンド、エコサウンズ(竹内さん、はるかさん)のメロディーがエコセンの前庭に流れました。IMG_0202.JPG子ども店長も登場、小学4年生のかいと君とりんちゃんの二人がおひさまカフェやライブを手伝ってくれました。IMG_0211.JPGIMG_0201.JPG

たくさんのボランティアの方に参加していただき、エコセンの10周年を一緒にお祝いできました。お手伝いいただいたみなさん、ありがとうございました。P4220348.jpg

きょうとグリーンファンド 北川
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

4/8ハナマツリに出展しました!!!

4/8 南丹市日吉町遊youひよし大ホールで開催された“ハナマツリ〜いままでも これからも〜”にきょうとグリーンファンドも参加しました。IMG_0757.jpg

このイベントは、口丹地方に住まう人々が、昨年の3.11福島原発事故の発生をうけて、新しいエネルギーの在り方や自然に寄り添った暮らしを模索しようと集まり、みんなで原発事故が示した問題点を考えようと、開催されたものです。

プログラムは

講演/舞踏とワークショップ

河田昌東氏 「食品汚染と内部被曝

大野慶人氏  舞踏とワークショップ

中嶌哲演氏 「若狭の原発 その歴史と今」


という、内容の充実したものでした。

きょうとグリーンファンドでは、今年度は美山おひさまプロジェクト南丹市美山町でを進める予定です。“かやぶきの里”美山は自然豊かな中山間部に位置します。この自然を子どもたちに残したい(若狭原発から30キロ圏内になります。)、そう願う美山のみなさんとともに、おひさま発電所を作りたいと思っています。IMG_0768.jpgIMG_0749.jpgIMG_0765.jpg

美山にはすでにおひさま発電所13号機、アースガーデンおひさま発電所が2009年に設置されています。今年は、美山では2番目となるおひさま発電所16号機を美山町田歌の田歌舎(たうたしゃ)に設置します。

ただいま、プロジェクトの詳細を田歌舎さんときょうとグリーンファンドとで協議中・・・

楽しいイベントも企画しています。いましばらくお待ちくださいね。

田歌舎さんについては、田歌舎HP http://www.cans.zaq.ne.jp/fuajs500/
をごらんください。

田歌舎代表 藤原誉さんのこのプロジェクトにかける熱い思いが伝わってきます。

“美山を自然エネルギーの里に!”

きょうとグリーンファンド 北川
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

福島からのお客さん!!!

3/30遠路はるばる福島県相馬市から、ぐりふぁん事務所にお客様がみえました。
菊地さんという、若いステキな漁師さん・・・
こちらは、初対面におかけする言葉も見つからず、“大変でしたね。”とだけ一言。
すかさず、はにかんだような笑顔で、“ポジティブですから・・・”と返してくださいました。

わざわざ、遠くまで来てくださったのは、“相馬でもおひさま発電所をつくりたい。ぐりふぁんのおひさま発電所を参考にしたい。”ということでした。
ぐりふぁんのことはHPでみてくださったとのこと、いろいろな団体の中で、ぐりふぁんのおひさま発電所が一番自分たちに合っているといってくださいました。

街づくりを一から考えていくなかで、“自然エネルギーを取り入れた街づくりを・・・”と思っても、行政は一緒に考えてくれない。それなら、できることから、自分たちで、と考えたそうです。

まさに、ぐりふぁんの考えと一緒、自分たちで少しずつですが、11年間、活動してきました。

これまでの活動のこと、資金の集め方など、おひさま発電所の先輩としていろいろお話させていただきましたが、これからは“なかま”として一緒に活動していきましょうね・・・とお約束しました。

ぐりふぁんの事務局では、“相馬おひさま発電所1号機点灯式”に参加するのを、今から楽しみにしています。

菊地さんのおかげで、私たちのほうが、元気を分けていただいた様な気がします。

菊地さん、そして相馬のみなさん、一緒におひさま発電所設置に向けて、活動していきましょうね。でも、くれぐれもがんばり過ぎないように・・・ね。
ぐりふぁんも協力します・・・。

きょうとグリーンファンド 北川
その他 | comments (0) | trackbacks (0)

社会的認証システム第三者認証(ステップ3)を取得しました!!!

昨年8月に内部で自己評価委員会を開いて、社会的認証開発推進機構(以下ACC)から提示された評価項目にそって自己評価しました。

その後ACCの訪問調査があり、11月1日付けでステップ3の認証を受けました。

レビューシートも部分的ですが、かなり高い評価を受けました。自分達の活動に自信を持っていても、他から認められることは、やっぱりうれしいものです。人間としての内面的欲求でしょうか。

評価というと内部ならば自己評価、外部ならば第三者評価が浮かびます。今回のステップ3認証社会的認証と説明されているので第三者評価となりますが、取得する過程で感じたことは自己評価の重要性でした。

事業ごとにPDCAサイクルを意識して運営することは理想ですが、現実にはかなり困難です。そこまで、大袈裟なものではないけれど、理事や事務局が同じテーブルで情報を共有しながら自己評価することは大きな意味があります。

今のところ、認証先は京都創造基金の事業指定プログラムを選択している団体のようですが、それ以外の団体でも取得するメリットはあるはずです。

ACCは、プレ評価体験を希望する団体を募集しています。組織の基盤強化や組織診断に関心がある団体は試してみるのもいいかもしれません。本来の事業で手一杯なのに無理だと思わず、団体の運営状態や問題点を認識する機会として前向きに取り組むのはどうでしょうか。新しい年のはじめに真面目に思いました。

《社会的認証開発推進機構》  http://withtrust.jp/ 
【認証情報007】きょうとグリーンファンド  http://withtrust.jp/?p=680

きょうとグリーンファンド 中山
その他 | comments (0) | trackbacks (0)